やっと分かった「Apple Pay」!!!

iPhone6/6Plusと同時に発表された「Apple Pay」って何者?って
皆さん思った事でしょう!筆者も何それモードでした。
画像

でも。内容を読むにつれ実態が分かってきました。日本でも今後、
マーケットを揺るがす存在になると思いました。

★Apple Playってざっくり言うと

クレジットカード(デビットカード)の情報をiPhone6に取り込み
iPhone6で店舗やオンラインで簡単に決済できる仕組み
(指紋認証ボタンに指をかざして決済する。)

ま~、例えて言うならばVISAデビットカードがiPhone6の中に入った物
と思って貰って構わないです。

はっきり違うのはセキュリティの部分ですね!!!VISAデビットの場合は
カード情報が決済時に渡りますが「Apple Pay」は一切渡らないという事です。
これは感動に値すると思ますよ!

筆者も実はVISAデビットカードをコンビニで使っているんですが、非常に便利
です。知らない人のためにちょっと説明すると...

コンビニでSUICAはみなさん使っていると思いますが、VISAカードって
決済時にいちいちサインしないといけないので面倒だと思っていませんか?
VISAデビットならサインレスで「VISAで」とコンビニの人に言ってカードを渡すだけ。
たったそれだけです。SUICAとなんら変わりません(自分でピッっとしない分楽?)

それから決済されると即刻金額が引き落とされるので残高が把握しやすいです。
カード決済が行われると、ものの数分で自分宛てに決済金額の入ったメールが飛
んできます。これって便利じゃありませんか?

この機能がiPhone6に入ったんですね!しかもセキュリティ確保して...

iPhone6への登録はどうするのか?と言うと、まずクレジットカード(デビット)を
カメラで撮影して、カード裏の認証コード3ケタを入力するだけでです。暗号化されて
iPhone6に取り込まれる。この様な仕組みの様です。

VISAデビットカード等はクレジット情報が決済時に渡されるが、Apple Payは
「Device Account Number」と呼ばれる管理番号が渡されるのみ。提携店舗と
Apple社が管理番号で裏で決済のやり取りし、Apple社からクレジット会社には
変換したクレジット情報が渡される様になっています。

USAでは2014年10月~全米22万店舗でサービスを開始するとの事です。日本では
FelicaとどうAppleが連携していくのか?今後双方の歩み寄りがKEYですね!
今現在は加盟店は日本には存在してない様です。

今後ウォッチして中間でレポートしたいと思います。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック