LTE/4G情報:auのiPhoneエリア率、速度ともに最低!auのAndroidはかなり健闘!

インターネットの情報を見ていたらLTE/4G情報が載っていました。
DoCoMo/au/SoftBank3社の機種を「エリア率」「通信速度」を比較した実測データです。

以下に調査概要を載せます。

【調査概要】
・日本全国で1000カ所抽出
・NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3社のスマートフォンを使用
・LTE/4Gの以下項目を調査
 -接続によるエリア化率
 -データ通信速度
・テスト機種:各キャリアの主力機種5機種
 -NTTドコモ「Xperia Z SO-02E」
 -KDDI(au)「iPhone 5」「HTC J butterfly HTL21」
 -ソフトバンクモバイル「iPhone 5」「AQUOS PHONE Xx 203SH」)を用い、「RBB TODAY SPEED TEST」
・同地点で各3回計測し、平均値を記録
・調査期間:2013年3月30日~4月15日

EXCELに整理し、見やすくしてみました。下記の図1~図3を見てください。

画像

・DoCoMoはアリア率、スピードとも安定しているので、現状はおすすめ!
・SoftBankのAndroidはエリア率が最も低いので都心以外での使用は苦しい
・iPhoneに切り替えるなら、現状「エリア率」「速度」を考慮するとSoftBank
 の方が若干いいようである

以下、各図毎のコメント

●エリア率(図1)
・LTE/4Gのエリア率はDoCoMoがやはりダントツです
・auのiPhone5とSoftBankのAndoroidはかなり低い様です

●速度(図2)
・iPhone5はどれも低速の傾向
・auのAndroidがかなり高速だがauのiPhoneはandoroidの半分以下の速度しか出ない
・auとSoftBankの通信速度がかなり早い様である
・DoCoMoはそれなりの速度

●回線周波数(図3)
・auはAndoridとiPhoneで回線周波数が異なる
・auはAndoroid系とiPhone5とで扱う周波数が同じでないため新規アンテナを設置
 しないといけなくなり。その実施が遅れている。結果、現状ではエリア率が低く
 なっている







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン 店舗

    Excerpt: LTE/4G情報:auのiPhoneエリア率、速度ともに最低!auのAndroidはかなり健闘! giuliettaのブログ/ウェブリブログ Weblog: レイバン 店舗 racked: 2013-07-05 23:40